ポートフォリオ・実績はこちら!!▶︎▶︎▶︎

プログラミング学習を始める前に英語を学ぶべき5つの理由

学習法
この記事を書いた人
HikoPro

大学生フリーランスエンジニア|ライター|Webディレクター

【海外経験0の普通の大学生→世界を旅する→GoPro Awards受賞→バンコク不動産でインターン(売り上げ100万達成)→インドでIT留学(PHP,Laravel)→ベトナムでWebディレクター兼エンジニア】

HikoProをフォローする
スポンサーリンク
11月29日まで!!
プログラミング学習者にお得なブラックフライデー特集!!

Udemyで1万円以上のプログラミング学習教材が全て1200円の大セール!!

他にもデザイン、機械学習、WordPress、スマホアプリなど、プログラミングに関する教材がお得に購入できるので、めったにないこの機会にぜひチェック!!

セールの詳細はこちら!

AmazonでAdobe製品がセール中!

Web制作者に必須のAdobeのソフトをいますぐ手に入れよう!

→ セールの詳細はこちら!

HikoPro
HikoPro

こんにちは!大学生フリーランスエンジニアのHikoProです!

これからプログラミング学習を始めようと思っている方や、初心者の方はまず始めにHTMLやCSSを始めに学習するが多いかと思います。

その取り組み方は間違ってはいませんが、将来エンジニアとして活動をしたい方やIT企業に就職を考えている方はまず始めに英語を学ぶべきです。

ネコ君
ネコ君

プログラミングと英語って全く関係ないのでは。。。

HikoPro
Hiko

そんなことはありません!英語無くしてプログラミングは成立しないと言われるほど密接な関係があります!

さらに英語をある程度習得すると学習スピードも向上します!

僕自身も初めは英語を理解せずにプログラミングを学習していましたが、英語を習得した途端、学習スピードが向上し、より学習の幅が広がりました!

こんな方にオススメ
  • これからプログラミング学習を始める方
  • 何から学習すればいいか分からない方
  • エラーや学習につまずいている方

英語でプログラミングを出来るとできないとでは、スキルに大きな差がつくのでプログラミングと英語はセットで学習しましょう!

スポンサーリンク

公式サイトが英語表記になっている

プログラミング言語(PHP,JAVAなど)の公式ホームページには最新のバージョン情報など様々な重要な情報が書かれており、学習には必須のサイトです。

HTMLやCSSなど基礎的な言語の公式サイトでは日本語対応していますが、BootstrapやLaravelの様なフレームワークの公式サイトは英語での情報しかありません。

高度な言語を扱う際には、環境開発の構築などとても手間のかかる作業を古いブログ記事や性格でない記事を参考にするとうまく作動しないことが結構あります。

英語で公式サイトを読むことができれば、最新で正確な情報を手に入れることができるので、スムーズに学習に取り組むことができるでしょう。

高度な技術書や情報は英語でしか手に入らない

新たに開発された言語やフレームワークなどの情報はまず初めに英語で発信されます。

例えば、日本では知名度が低く、世界では注目を集めている「Python」と言う言語の学習情報はほとんど英語で日本語の情報が圧倒的に少ないです。

PythonとGoogleで検索してもこの情報を日本語で発信しているメディアやブロガーが圧倒的に少ないので、独学で勉強をする場合はほぼ不可能に近いと言えるでしょう。

逆に言えばそこにチャンスがあって、あなたがもし英語ができてPythonをマスターし、日本語で情報を発信したとすれば競合がいないのでアクセスは集中すること間違いなしです!

スポンサーリンク

英語の動画教材が豊富で分かりやすい

プログラミングを独学で勉強する際に最も分かりやすく活用しやすのがYoutubeなどの動画コンテンツ教材です。

日本語ではドットインストールが有名ですが、一部有料のコンテンツもあります。

しかしYouTubeでは海外のYouTuberが無料で良質な動画コンテンツを発信しているので、英語さえ理解できればどこにいても無料で見放題です。

また海外コンテンツの特徴として目標制作物があり、2~3分の短い動画でステップバイステップで開発を進めていくので初心者の方でも挫折せずに続けることができます。

またYouTubeの良い所はコメント機能や投稿者への質問が可能な点です。

この部分が分かりづらかった、こんな教材を発信して欲しいなどの要望をリクエストすれば、質問を返してくれる場合もあります。

YouTubeのメリット
  • ステップバイステップで学習ができる
  • 学習コンテンツが豊富
  • 全て無料で良質
  • クリエイターに質問やリクエストも可能

仕事の幅が広がる

これからプログラミングを始めようと思っている方の殆どは将来エンジニアになりたい夢や、仕事にしたい希望があるでしょう。

もしあなたが英語で開発ができるとすれば、日本だけでなく海外でも仕事ができ、自分の好きな国でノマドワーカーと言う選択肢も可能です。

日本市場ではエンジニアの需要は高いですが、海外ではもっと需要があります。

IT産業が盛んでない国なんて沢山あるので、英語で開発ができる人は海外でITのスタートアップを立ち上げることも可能になるでしょう。

専門用語の理解がしやすい

突然ですが簡単な英単語の問題です。

  • flex
  • margin
  • width
  • function
  • container

あなたはこの英単語の意味がすぐに言えますか?

プログラミングをある程度学習している方は何となくの意味がわかると思いますが、初心者の方は分からな方が大半でしょう。

一応回答を載せておきます。

  • flex = 柔軟な
  • margin = 余白
  • width = 幅
  • function = 関数
  • container = 入れ物、容器など

この5つの単語はプログラミングをすると嫌という程使う単語で、ほかにも様々な単語があります。

基本的に英単語の意味とプログラミングの意味はほぼ同じで、例えばflexを指定すると要素が柔軟に配置できるようになり、widthを使えば画像や要素の幅を指定することが可能です。

この様に始めに英語を学習しておけば新たな難しい用語が出てきたとしても、簡単に理解できてスムーズに学習が進みます。

まとめ

いかがでしたでしょうか!

英語を学習するとプログラミングに大きな影響を与えてくれる事が分かりましたね!

英語学習に時間が取れない方は、同時に2つを進めてみるのも一つの手ですね!

ぜひこの記事を参考に英語学習を取り組んでいてはいかがでしょうか!

最後までご覧いただきありがとうございました!

HikoPro
HikoPro

最後までご覧いただきありがとうございました!

Twitterで記事の更新、フリーランスに関する情報を発信しているので、ぜひフォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
HikoPro

大学生フリーランスエンジニア|ライター|Webディレクター

【海外経験0の普通の大学生→世界を旅する→GoPro Awards受賞→バンコク不動産でインターン(売り上げ100万達成)→インドでIT留学(PHP,Laravel)→ベトナムでWebディレクター兼エンジニア】

HikoProをフォローする
学習法
HikoPro Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました